代表挨拶

世の中の垣根を越えて

かつて日本の社会や産業は世界一だと自負した時代や、一転して停滞と自信喪失に沈む時代を経て、
私たちはもう一度、世界と自国の情勢に真摯に向き合い、これからの社会と産業の在り方を考える時機にきています。

私自身、米国や中国での経験を通して、日本には本質的な課題、またそれ以上に大きな発展の可能性があると考えるようになりました。
諸外国の良いところを組み合わせて吸収できる柔軟性、その上で独自に発展できる独創性、それが本来の日本の強みであるように思います。

少子化や産業の衰退等、社会課題の解決が進まない中で、立場の異なる人の痛みに我が事として向き合える想像力や、他国の努力と発展に向き合える謙虚さが、今の社会に求められているのではないでしょうか。
次の時代の産業創出に必要となるのは、垣根を越えて手を取り合い「協創する力」だと考えます。弊社が社会と産業を生み出す基盤の協創のみならず、自らも実践の先駆けとなることで社会に役立ち続けることが、我々の夢であり目標です。

未来の世代のためにも、胸を張って未来を語れる明るい社会でありたい。
応援くださっている小さな一つ一つの想いと、大きな枠組みとを、確実に紡いで形にしていきます。

CEO 代表理事

2021年7月

お問い合わせContact

事業内容に関するお問い合わせや、その他質問がございましたら
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせへ